スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われる日々

 29, 2014 23:19
0429-1.jpg
注射の時間を察知して逃げまくるきな子


前回の「注射失敗」では皆様様々なアドバイス有難うございました(人´∀`)

バスタオル・洗濯ネット・足はさみetc・・・

全部試しましたよ~(ノ∀`*)


今のところ、一番成功率が高いのが

「キャリーに入れてサっと打つ!」作戦ですね

0429-2.jpg

怖いだろうけど、注射を失敗して打てない方が危険だから
我慢してね。゚(゚´ω`゚)゚。

0429-3.jpg

もう少し肉がついてると皮がびよ~んと伸びて打ちやすいんだろうけど

まったく鳴きもしない日もあるんですが、
イマイチ自分の腕を信じられない私は
鳴かない=打ててない  と思ってしまいます...(≡∀≡。ll)

それでも注射後はお決まりの猫ぱんち・・・

0429-4.jpg

あ~あ・・・また嫌われたなぁε-(‐ω‐;)ハァ・・・


相変わらず血糖値は250~400を行ったり来たり。
なかなか安定しません(´-ω-`)

「ランタスは効果が出始めるまでは多少期間がかかるので
焦らず気長に治療しましょう」と先生に言われているものの、
やはり「早く良くなってほしい」という焦燥感が出てしまいますね・・・。

0429-5.jpg
1ヶ月前まではこんなに丸々としていたのに・・・。
冬毛だったこともあるのですが、この頃の体重はMAX2.3kg


0429-6.jpg
ウエスト部分がくびれすぎ
体重は2.1~2.2kgのあいだをウロウロ


変わったのは体型だけではありません。

元々ものすごい甘えん坊だったきな子。
お腹ナデナデ必須ブラッシング大好き
どこに行くにもストーカー

0429-7.jpg
絵に描いたような「飼い主命」の猫だったのに・・・


0429-8.jpg
このやさぐれた顔・・・(-∀-`; )
お腹ナデナデなんてした日には烈火の如く怒り出します

ブラッシングすらさせてもらえないので、アゴや足の付け根あたりは毛玉だらけ


それだけ体調が悪いということなんでしょうが
やはりさみしいですね(´・ω・`)ショボーン



ハッ!!∑(*゚ェ゚*)

でもまったく甘えないワケではないですよ

①朝は枕元で二の腕をフミフミしながらゴロゴロ言って起こしてきます
②会社から帰宅するとゴロゴロ言ってすり寄ってきます


甘えるのご飯の時だけやん・・・(||-д-)チ――ン


皆さんからのアドバイス・情報・励ましの言葉
本当に私の力になってます

糖尿病は死の病気ではない、お付き合いしていく病気なんだと
前向きに頑張っていきます

もちろん私も適度に息抜きしながら

0429-10.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

COMMENT - 10

nekonekonyanko  2014, 04. 30 [Wed] 01:13

No title

更新なくて心配しちゃったわぁー!
二人とも元気でよかったわー!

ひぃ子さんが注射に慣れていくよーに、きな子さんも慣れていくからドンマイよーっ!
焦りは禁物~!
ひぃ子さんの思いは伝わってるわよ、絶対っ!

Edit | Reply | 

のん福レオのお母さん  2014, 04. 30 [Wed] 06:09

No title

おはようございます。。
甘えて来ないのは、きな子ちゃんの体調がまだしんどいのかもしれませんね。。
(のんちゃんがそうでした・・)
毎日の注射は本当に大変だと思います。。
腎臓病の仔の飼い主さんもよく自宅点滴をされています。。
ひぃ子さんと同じで最初は戸惑っておいでですが
そのうち猫ちゃんも飼い主さんも慣れてきて大丈夫なようです。。
ひぃ子さんも可愛いきな子ちゃんの為に頑張ってくださいね。。
応援しています^-^

Edit | Reply | 

Purige  2014, 04. 30 [Wed] 08:50

No title

おはようございます!
キャリーで注射はいいですね^^
これなら逃げ場が少なくて安心♪
猫さんが逃げ回るのは、痛いという理由だけではないはずなので
注射=痛い という感覚は持たないほうがいいと思います。
「痛いだろうな」「辛いだろうな」って思いながら注射すると
きっと飼い主さんが大好きなきな子ちゃんは気持ちが連動して
敏感に恐怖を感じてしまいます。
とにかく何でもないことのように、何なら楽しいことくらいの感じで
ぶちゅってできればきな子ちゃんも毎日のコミニケーション的に
受け止めてくれるようになってくれると思います。
・・・って言うのは簡単ですよね・・・
でも本当に人の気持ちを敏感に察知することは、間違いないことなので
自分の気持ちに嘘ついてでもシレ~っと家事でもするかのように
注射する方がきっときな子ちゃんは怖くないです。
あときな子ちゃんは絶対ひぃ子さんを嫌いになんてならないです。
絶対です。
だから安心して嫌われそうな作業もくい気味でやってあげてくださいね。
ホント、言うのは簡単ってこと、百も承知で書いています。
私も同じ立場になったら、毎日半泣きになりながら注射器握ってると思う。
でも一番愛されて一番頼りにされている人が強くなるしかないものね…
ホント、頑張ってくださいね。
応援しています!!
あ、それから糖尿病ってずっと治らないってわけではなくって
インスリンを自分で排出されるようになる猫さんも結構いるようなので
寛解目指して頑張りましょうね!!
きな子ちゃんがいっぱいご飯食べて、ぷっくぷくになるように
祈ってますからね☆

Edit | Reply | 

おまゆ  2014, 04. 30 [Wed] 10:53

No title

そりゃ、きな子ちゃんもひぃ子ちゃんも簡単にはなれないよね!
気長にいこうね!
もう暖かくなってきたから、暑苦しいのでくっついてこなくなりますよ!
嫌われてるわけじゃないから、安心して!!
ウェディング業界って言ってましたよね?
人が休みの時ほど忙しいんでしょう。
体壊さずに頑張ってね。
ちなみに私は去年は28℃以上のときはエアコンつけっぱで仕事行ってました!

Edit | Reply | 

yakkemama  2014, 04. 30 [Wed] 13:39

うーん、お腹は弱点っていうくらいだから、体調悪いときは警戒しちゃうんでしょうね。。
決して嫌われたなんて思ってないですよ!良くなったらきっとまた前のきなこちゃんに戻りますよ(^-^)

Edit | Reply | 

ぐりぴき  2014, 04. 30 [Wed] 14:19

No title

自宅での治療は、時に猫さんに嫌われてしまったりしてガッカリですよね。
Purigeさんのおっしゃる通り、楽しい雰囲気作りも大切なようですよ。

私がお世話になっている動物病院も、
花柄や花びらの形のエリザベスカラーや、可愛い柄の術後着などを用意しています。
傷や病状を見た飼い主さんが、ガッカリしたり可哀想~と思いにくいように工夫しているそうです。
飼い主さんが焦ったりガッカリすると、その雰囲気がワンニャンに伝わって怖がったり落ち着かなかったりする事があるらしいです。
もう、一心同体なんですね。

本当に嫌だったら、きな子ちゃんも絶対に甘えないから
体調がもどればストーカーにもどりますよ。

Edit | Reply | 

まさっぴいの夫  2014, 04. 30 [Wed] 20:26

こんばんは!

きな子ちゃんが注射に慣れてか、あきらめて
くれて、薬剤の効果が出て体調が戻ってくる
まで、正念場ですね。

しんどいでしょうけど、がんばってあげてくださいね。

Edit | Reply | 

ちゃめちゃめママ  2014, 04. 30 [Wed] 22:12

No title

ひぃ子さん、ご連絡ありがとうございます^^

そうですか、きな子ちゃん警戒気味かな。
まずキャリーに警戒する子が多いもの
しかたないですよね。
安全に注射する事が重要ですから、辛いけど
きな子ちゃんが慣れてくれるまでの辛抱ですね。

きな子ちゃん、ちゃんとひぃ子さんに甘えているのですから
心配しなくても嫌いになんてならないですよ^^
気温も関係あるかも。
うちの子達も寒い時は私にピッタリくっついて
ホカペの上で寝ていましたが、ここのところあたたかいから
全然寄ってこない^^;
好き勝手に ハンモックやキャットタワーや押入れなど
手の届かないところで寝ています(笑)

きな子ちゃんの体調が安定して、注射にも慣れてくれば
またラブラブな日に戻ると思います。
今はちょっと切ないけど、根気良く頑張ってくださいね☆

Edit | Reply | 

nekok  2014, 05. 01 [Thu] 10:19

毛玉何とかしてあげたいですね~

体力もどって、お風呂とか手入れしっかりさせてくれるようになれば毛並みも戻ると思います!

Edit | Reply | 

nekonekonyanko  2014, 05. 02 [Fri] 01:53

No title

ポチ逃げッす~☆

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。