スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃的な事実

 16, 2014 21:25
0416-1.jpg

ここ4日間程、バタバタしておりまして、随分と久しぶりの更新となってしましました


実はきな子が入院をしておりました・・・

事の発端は、あれだけ大量にご飯を食べても一向に増えない体重。


ちょうど今月分のレボリューションを購入しに行くついでに
健康診断をしてもらおうと思い病院へ


血液検査を終え(検査結果は10分ほどで出る)、先生が
眉間に皺を寄せながら診察室に戻ってきました。

その時から何か嫌な予感がすでにしていたのですが・・・


きな子の病名は『糖尿病』


糖尿病・・・

私の中では太った猫ちゃんや
高齢の猫ちゃんがなる病気だと思っていました。

こんな標準以下の体重のきな子でもなるものなのか

どうやらもともと膵臓の機能が弱いらしく
自分でインシュリンを分泌させる力が低下しているとのこと。
しかも糖尿病は静かに進行するため、なかなか気づきにくいらしいのです。

健康な猫の正常な血糖値は69~146

それに対し、きな子の血糖値は527
正常値の5倍はある。


【糖尿病の症状】
★多飲多尿
★体重減少
★被毛粗剛
★元気消失
★歩行異常


そう言われてみれば思い当たるふしはいくつかあった。

0416-2.jpg

水をよく飲む子で、ごくごくという音が聞こえてくることもしばしば。
猫が水を飲まななくて困ってるという飼い主さんが多い中、
むしろ飲んでくれて助かるなぁ~くらい思っていた。

0416-3.jpg

うんちは一日一回に対し、
おしっこの回数は4回程あった。
まだ仔猫ということもあり、おしっこの回数が多いことにも
何も疑問を抱かなかった・・・。

そう言われてみれば、ここ最近
私が仕事から帰ってきてもお出迎えをしてくれなくなった。

隠れるようにテーブルや椅子の下で寝ることが多くなった。

どれもこれも気まぐれな猫の
気まぐれな行動なんだろうと思っていた。


きな子は私にこんなにもSOSを送っていたのに・・・。


先生から今後の治療方針の指示を仰ぐ。
一日入院させて血糖値の動きをみつつ、インシュリンの量を決めるとのこと。

きな子を病院に残し、家に帰ってきたものの
きな子がいないこの家にいるのはとても辛かったです・・・。


これから始まるエンドレスな治療。

時間的にも金銭的にも精神的にも
きっと辛いと思うことがあると覚悟しています。

でも本当に辛いのは私じゃなくてきな子自身なので、
私はできる限りの精一杯をしていかなければ。


神様お願いします。

これ以上きな子を苦しめないでください・・・。
この子はまだこの世に生まれて半年です。
もっともっと楽しい毎日がこれから待っているんです。

0416-10.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

COMMENT - 9

まさっぴいの夫  2014, 04. 16 [Wed] 22:39

こんばんは!

はじめてのコメントだと思います。
「スコティッシュまる子のつぶやき」管理人まさっぴいの夫
と申します。

記事を読んで第三者ながらショックを受けました。
色々な病気でたくさんの飼い主さんがニャンコと一緒に
戦っているのを知っておりますし、私自身も「余命3カ月」
と宣告を受けた愛猫と一緒に病と戦ったことがあります。

しかし、糖尿病、それもまだ子ネコのきな子ちゃんがという
のは初めて聞きました・・・

何のメリットもなぐさめにもならない話ですが、余命3カ月と
宣告された愛猫は半年以上病気と戦って奇跡的に克ち、
その後、16年間、私と一緒に過ごしました。

ひぃ子さんもきな子ちゃんと一緒に糖尿病と戦われて、きっと
克服される日が来ると信じております。

がんばってください!!

Edit | Reply | 

Purige  2014, 04. 16 [Wed] 23:04

No title

きな子ちゃん… 糖尿病だったなんて…
ちっちゃいのに入院していたんですね。
可哀そうに、でも早くわかって良かったと思いますよ!
人間もそうですが、糖尿病と上手く付き合っていっている人や猫さんもたくさんいますからね!!
あと余計なことではありますが、レボリューションは毎月されているんですか?
私もさぶちゃんにフロントラインを使っていますし、これからの季節は
フィラリア予防にレボリューションを考えてもいるのですが
これらの薬には副作用がいろいろあるようですので病気のリスクと副作用のリスクを考えながら
いつも迷いに迷っている次第です。
きな子ちゃんが糖尿病とのことですので、レボリューションの副作用と重篤しないかなども
先生によく相談されてみた方が良いかも…と思いました。
昨日、さぶちゃんにフロントラインを付けましたら、今日嘔吐していて
その後は元気にしているのですが、今後の使用を丁度思い悩んでいるところでしたので
ホント余計なことだとは思ったのですが、一応お知らせしました。
獣医さんはあまり副作用のことを積極的に話さないので…
(これは人間のお医者さんでも同じですけどね…)
とにかくこれからいろいろと大変だとは思いますが
きな子ちゃんもひぃ子さんも気持ちを強く持って
頑張ってくださいね!!
私も何か良さそうな情報があれば、またお知らせします。

Edit | Reply | 

nekok  2014, 04. 17 [Thu] 00:06

No title

きな子ちゃん・ひぃ子さんのことを思うと、とても辛いです

まだまだきな子ちゃんの成長を見ていたいです



Edit | Reply | 

おまゆ  2014, 04. 17 [Thu] 11:03

No title

ええっ!!
きな子ちゃん、糖尿病…
私も不勉強なので、よくわかりませんが、ネットで見たところインスリンや食事療法など、忍耐と根気でずっと付き合っていかなければならないんですね。

言葉でうまく表現できませんが、ひぃ子さんときな子ちゃん、お互いにこれから大変な日々だけど、今までと同様に、私としては、喜びも辛さも分かち合って、仲良く生きている2人の姿を楽しみに、こちらに遊びに来ます。

何もできませんが、応援しています。
愚痴でもなんでも、言いたくなったらいつでもご連絡ください!!

Edit | Reply | 

おりひめ  2014, 04. 17 [Thu] 11:39

きな子ちゃん頑張れッ!!!(><*)
きっと、もっともっとひぃ子さんと一緒にいれると祈ってます!
ひぃ子さん!頑張って下さいね!!!
応援してます!!!!!

Edit | Reply | 

ちゃめちゃめママ  2014, 04. 17 [Thu] 12:51

こんにちは。
お昼休みにきな子ちゃんに会いにきたら、あまりの事に言葉を失いました。
私でさえもう涙目なのに、ひぃ子さんのお気持ちを考えると何と言えば良いかわかりません。
でもでも、きっと発見が早くて良かったのですよね。私も糖尿病について勉強してみますね。
とにかく落ち着いて、これからきな子ちゃんにとって少しでも良い事を一緒に考えたいと思います。
ずっと応援しますから、頑張りましょうね。
また改めてコメントします。

Edit | Reply | 

Natsu  2014, 04. 17 [Thu] 17:08

No title

きな子ちゃん病院でがんばっているのですね><
おうちに帰ってひなこちゃんがいない生活はとっても寂しいことと思います
一日も早く元気におうちに帰ってこれることをお祈りします
がんばってくださいね!

Edit | Reply | 

yakkemama  2014, 04. 17 [Thu] 22:16

きな子ちゃんが病気だなんて悲しいです…
ひぃ子さんは悔やんでらっしゃいますが、病気がみつかったのも、ひぃ子さんが毎月のように病院に連れていってあげたからです!それに服つくってあげたり、結膜炎のときは毎日目の周りふいてあげたり、ものすごく愛情そそいで育ててるじゃありませんか。
ですからどうか自分を責めないでくださいね…

健康管理は大変だと思いますが、きな子ちゃんが良くなることを心から祈っています!!

Edit | Reply | 

nekonekonyanko  2014, 04. 18 [Fri] 00:55

No title

わわわ…!
今記事読みましたっ!
そうだったのっ?

とりあえず次の記事にコメントを続けて入れます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。